トップ / 学校での上下関係問題

学校のカウンセリング情報

学校内で発生するカースト

スクールカーストと呼ばれる単語はあまり知られていないかもしれない。けれど、それの理解が、いじめの原因究明などに繋がるのは確かである。学校で社会生活を送る上で、カースト構造はどうしても発生してしまう。多くの場合、スポーツが得意な子やお調子者などは人気者になりやすく、逆に、運動が苦手な子や大人しい子は、比較的、見向かれない立場になってしまう。そうして一度できた階層構造は、いじめの原因になり得る。教師をはじめとした学校の職員は、こうした構造が存在してしまうことを理解し、下の方に位置してしまっている子のよいところを見つけ、伝えていくようにすることが必要かと思われる。

学校の心得

カースト問題について

学校カーストというものが存在しています。インドにおける身分制度のことなのですが、これを使うようになったのは、最近のことです。これは、小学、中学、高校どこでもありえる状態です。ある一部の生徒たちが上位グループを形成し、他の生徒たちを支配することを学校カーストと呼びます。いじめとは又違います。そのグループは、成績のよい優等生たちであり、異性にも同性にも人気があり、行事でも中心となり、教師たちにも気にいられています。そのため、クラス運営自体を教師から任せられ、発言権も大変強いです。上位グループに下位グループが入ることはありえません。その関係はほぼ固定化されています。